特定のスキルの頼りすぎないWLのスタイルを大切にしたい

こんにちは。私、魔女のキキ。こっちは顔面でコールドボルトを受け止めるシアさん。



昨日、WL生体3ソロ記事を書きましたけど、あれから少しばかり情報収集と研鑽を積んで、新たな小技を習得しました。

WIして~

敵の列とその後ろの列にIWして~

WI消えるの待ちつつAMP積んで~

WI切れてムギュギュってIWから出てきたら攻撃開始。


そう、早い話が、ホワイトインプリズンを使ってしまえばIWハメにすんなり移行できるというだけなんですけど。

とにかくWIさえ成功してしまえば、位置の修正からAMPの準備から何でもできますし、食えるセイレンの数がかなーり増えました。

ただWI自体の成功率をクリアしないといけませんし、スキルレベル上げて成功率上げると拘束時間まで伸びて今度は暇になる予感がするなど、若干の課題はありそう。

しかしIWハメを使う相手を考えるとFWの効かない属性に限定されるような気がするので、そういう相手に確実にIWを当てるための布石としては便利であると思います。

あとはIWも使い慣れてきて、敵の邪魔が入らないように壁に使う余裕が出てきました。まぁ今回はセイレンがブチギレエモ出しながらめっちゃ槍投げてきてますけど。

なんというか、WLのテレポ狩りって、テレポした先の敵の配置やら地形やらを見て短時間で最善手を考えるアクション詰将棋感があって楽しいですよね。そういう観点でいえば、今回みたいな小技は取れる戦略が広がってますます楽しさが増しますね。



ただこのテレポ狩りは、ひとたび地獄を作り上げてしまうと地獄が加速するんですよね。こんなもんどうしようもないでしょ・・・


んでは今日はこのへんで。今日からワールドボーナスですが、カードのドロップ率に恩恵は無いようなので、生体で思念体素材集めたり、ヴェルナーでニーヴ掘ったりして遊びます。

長文を吐き出したい

オンラインゲームとかやってるとね、Twitterじゃ足りないんだ。そんなブログ(予定)。 現在話題に上がるであろうゲーム:RO(Trudr鯖)、Warframe(PS4)

0コメント

  • 1000 / 1000