無計画旅行譚 第三章(続々・容量注意)

第三章でようやく二日目に突入します。大体全部の記事で写真30枚くらい使ってますので、この記事でも変わらず通信量注意です。




さて、初日にもやりましたが、まずは運試し。今日の運勢はどんなじゃろなっと・・・



(そっ閉じ)



さあ出発だ!!!今日も快晴!!というか昨日よりもすごい。

昨日は富士山周辺には雲があったりしましたが、この日は本当に雲ひとつない快晴。日焼け止め持ってきて良かったぁ


出発5分後。なるほど、これが今日の運勢って訳だ。やってくれるぜ


渋 滞 横 目 に サ ブ リ ミ ナ ル 紲 星 あ か り ち ゃ ん


ちなみに行き先は前日までと同じような方向でしたが、この日の交通量は格が違いました。結局1時間くらい渋滞の中を移動し続け、ようやく開けた場所へ。


いやー絶景かな絶景かな。やっぱりこの一帯の観光が自然寄りになるのも納得という感じです。あと別荘地にもなっているようで、そういう作りの家とか、テッカテカの外車とかをよく見かけます。


ちょっと写真撮るの下手くそすぎちゃう??

ということで今日の目的地は富士花鳥園でした。友人Bは鳥が苦手だという先入観があった(私も友人Aもそう思ってた)のですが、全然そんなことは無いらしく、全員の需要が一致したので。

何を隠そう私は無類の鳥好き。以前家族で掛川花鳥園に行った時は、半日以上を花鳥園で費やした上で「まだ足りない」と零す程度には鳥が好きです。


で。ここで撮った写真がこの旅行で最も多かったわけですが、そんなにガッツリ語ってもね?と思うので、必死で簡潔に書きます。


まずは叢雲ちゃんです。

すんごい眠そうなの。周りが結構ギャイギャイしてる中、すんごい眠そう。話しかけるとちょっと目を開いてこっち見て「キュ~」とか言うの。かわいい。


次。

カメラ目線でウインクしてくれるフクロウ。すんごい眠そうなの。かわいい。


次。

君たちちょっと造形がかっこよすぎない?あとすんごい眠そうなの。



次。

ええ、カラスです。正真正銘カラスです。でもちょっとまってほしい。カラスってすんごいかわいいと思うの。大学時代に一人暮らししていた時、「カラスに挨拶をしていると、その人の家のゴミを荒らさなくなる」みたいな話を聞いたので、(周囲に人がいないことを確認してから)近所のカラスに「やっほー」とか「げんきー?」とか「君ら真っ黒だし暑ない?」とか「水着マルタさんくれよ」とか話しかけていたら、それを始めて2年くらい経った時、飛ぶ練習を始めた雛を見せに来てくれたことがありました。元々好きでしたが、それずっと以来カラスが好きです。


カモ。ここはね。深いよ。ちょっと眺めているだけでカモ間関係が見えてくるの。んで強いヤツと、その強いヤツに嫌われてるヤツがいたりするの。結構な頻度で強いヤツに追い回されたりしてるんだけど、それを見た我々人間がエサを与えるのは、強いヤツではなく追い回されている方。ここはね、深いよ。


フラミンゴの脚です。マッキーで塗ったかのような綺麗なピンク。


黒い白鳥です。

その脚です。

エミューです。

その脚です。


鳥って身近な存在ですけど、鳥の脚ってなんだか不思議に見えませんか・・・?何がと言われると困るんですけど。

ちなみにこのエミューのコーナー、子供には結構怖いと思います。そりゃそうだ、何考えてるか分からない、自分より大きい生き物が寄ってくる訳ですし。

でもって鳥って、カメラが別に何ともない子と、カメラに何らかの反応を返す子がいます。これは種類の差もあるかもしれませんが、個体差も大きいと思います。レンズが目に見えるみたいで、カメラを向けると警戒しちゃう子とか、逃げる子とかいます。なのできちんと撮りたい時は相手の機嫌と個体差を見極めて、素早い動きを避けましょう。鳥はそもそも撮るのが難しい生き物なので。

このイケメンエミューは、エサを持っている人に靡かない程度に満腹で、話しかけると反応してくれて、カメラ向けるとバッチリカメラ目線。

そしてこの大あくび。(写真提供:友人A)

まぁお腹いっぱいでこれだけ陽気が良かったら寝るよね。良い写真を撮らせてくれてありがとう。



友人AもBも決して鳥が苦手な訳ではないのですが、流石に私ほどではないので断腸の思いで帰路につくことに。


高速までの道中で静岡最後の食事!

二代目丸源・・・?美味しくなかったら私が三代目J-Soul丸源に建て替えてやるからな!!!!


なぜラーメンかって、富士市ってやたらラーメン屋が多いんですよね。そんなに多いなら美味しいんだろうなーみたいな短絡的な考えです。博多ラーメン率の高さが謎。

気になる店も複数あったのですが、この時点で14時くらい。そろそろ空腹感に負けそうだったので、いい感じのここに入ることにしました。


ちなみに道中見かけたラーメン屋で、色々な意味で最も気になったのは、


うまい ラーメンショップ うまい


という看板のお店。ラーメンショップって響き、なかなか新鮮ですよね。ペットショップを愛玩動物卸売店とか言いそうな感じ。得体がしれなさすぎて入らなかったのですが、外から窓越しに見えた店内に賞状が沢山ありましたし、午前10時の段階で複数のお客さんがいたので、一定以上の需要はあるお店みたいです。


で、私が注文したのはネギ醤油ラーメンと半チャーハンのセット。定番オブ定番。

机に運んでから、あつあつの鉄板に卵を落としてもらって

混ぜる!!!

美味しい。

ラーメン!

美味しい。結構醤油ラーメンは推しているらしく、それに見合った美味しさでした。醤油ラーメンのあっさりさはきちんと踏襲しつつ、飲み込んだ後までしっかり残る醤油の香ばしさとネギ特有の甘みが絶妙。一日目の二つの記事を読んだら分かると思うんですけど、私は別に美食家とかではないので、こういうレビューもそれっぽいこと言ってるだけです。基本的には「苦手」「普通」「美味しい」「すごく美味しい」「しゅき」みたいな感想です。このラーメンは「すごく美味しい」に分類されます。



食事も終わり、そろそろ帰ろうかということに。毎年、どっかのタイミングで集まって、毎回違う場所に旅行しようぜ!という感じで解散。食べ物は美味しいし、ベタだけど富士山の凄さみたいなものも目の当たりにしましたし、鳥ラッシュでホクホクです。静岡はーいいぞー

ビリビリィ!!

「初日の観光地は静岡じゃない」

デデン!(テケテケテケテケッ

テーテレテテーテレテテー(テケテケテケテケッ





おまけ

帰りの遠州森町SA。やっぱりしじみ汁美味しいよ・・・

でも愛知→東京方面のSAのが濃かった(クソどうでもいい情報






無計画旅行譚 おわり

長文を吐き出したい

オンラインゲームとかやってるとね、Twitterじゃ足りないんだ。そんなブログ(予定)。 現在話題に上がるであろうゲーム:RO(Trudr鯖)、グラブル

0コメント

  • 1000 / 1000